塗装による対処

屋根塗装とは、屋根を修理したうえで塗装することですが、塗装をせずにそのままにしておくと屋根が劣化してしまいます。屋根が劣化すると、雨漏りなどが発生してしまう恐れもあり、屋根と同時に天井も修理をしなければならず、余分にお金がかかってしまうのです。 そもそも屋根塗装とは、防水性を強化することや耐久性を強化すること、そして塗装によりきれいな色にすることです。防水性を教誨するだけでも、塗装だけでそれなりの金額はかかります。 ただ、屋根の塗装の価格は単に屋根の工事や修理の価格だけではなく、足場を組んだり、防飛ネットを張りめぐらすためにその分の価格も一つようになってきます。安く見積もっても20万円程度はするでしょう。

屋根塗装をする時にはその塗装の種類を選ぶことが可能になります。屋根塗装の種類は数種類ありますが、一番ポピュラーなのはアクリル塗装です。人気の理由は価格が安いからです。つまり、高いものを選ばないのは、その効果がどれほどあるかわからないからです。屋根塗装の営業マンがそれを説明しても、施主に事前に知識がなかったため安めの塗装で済まそうという人が多いのです。 アクリル塗装以外にもウレタン塗装やシリコン塗装、フッ素塗装などの種類があり、アクリル塗装の寿命が8年程度なのに対してフッ素塗装の寿命は20年と長いものとなっています。 また、最近は光触媒の塗装がひそかに人気を集めています。光触媒は汚れやほこりを寄せ付けない点に大きな特徴があります。